AmazonFBA納品代行・出品代行の専門サイト、FBA代行センターへようこそ!

コラム

コラム

2021.03.08

せどりを行う際にFBAを利用すれば作業の負担軽減に役立つ

せどりは、購入した商品を購入時よりも高く売って、その差額を得るビジネスです。
かつては古本の転売がせどりの一般的なイメージでしたが、現在では幅広い商品でせどりが行われています。
せどりのビジネス形態はシンプルであり、中古品を安い価格で購入し、それを顧客に販売するのが基本的な流れです。
しかし、顧客ニーズに合った売れる商品を見つける技術が求められます。
安定した収入を確保するためには、継続した顧客開拓も必要です。
商品が売れた後の出荷手配など、煩雑な作業もあります。
多く販売すればそれだけ利益は大きくなりますが、一方で作業量の増える点が課題です。
作業に忙殺され、商品の目利きや集客がおろそかになる可能性もあります。
ビジネスにとってマイナスになるため、本格的なビジネスになればなるほど、できるだけ個人の作業負担を軽くする意識が必要です。
そこで、AmazonのFBAを利用して、業務の効率化を図っている人が多く存在します。
FBAとは、せどりを行うにあたって必要な在庫管理や注文処理、商品の包装や発送などの様々な作業をAmazonが代行するサービスです。
出品者は、顧客対応をAmazonに一任できる点がメリットです。
顧客からの販売や決済に関する質問もアマゾンが引き受けてくれるため、業務負担の大きな軽減になります。
個人で発送を行う場合は、短時間で多くの仕事が集中した際などに、発送ミスが起こるケースもあります。
顧客からクレームが入った場合はそれに対応する時間が取られ、ビジネスの進行に支障をきたします。
作業に正確性をもたらし、顧客対応をスムーズに進める意味でもFBAの利用は役立ちます。
せどりを行う人は、根本的に重要な商品吟味に十分な時間をかけることができます。
せどりのビジネスを行う上で課題になるのは、商品の保管スペースです。
商品量が多くなったり、商品に大きさがある場合に、個人では余裕あるスペースが確保できない場合があります。
FBAを利用すれば、Amazonに商品を送って保管してもらうことになるため、自分で商品を置くスペースを作る必要はありません。
また、Amazon自体が持つ集客力も見逃せないポイントです。
世界中の人々がAmazonを利用して商品購入をしています。
Amazonのサイトには毎日膨大な数の人が訪れており、そのブランド価値による集客効果はせどりを行う上で活かすことができます。
発送に関しては、FBAの利用料に送料が含まれているため、顧客側に手数料負担をかけないようにすることができます。
手数料がかからないことは、顧客にとって商品を購入しやすくなるメリットがあります。
出品者がFBAを利用する場合は、在庫保管や配送代行などの手数料が必要になります。
せどりによる収入と手数料のバランスを上手に取ることが大切です。